犬猫・動物愛護ブログ            Animal Advocacy Blog

はじめまして! 


 青山貞一と申します。

 私や仲間は「環境行政改革フォーラム」というメーリングリストで日夜、犬・猫など動物と人間の共生について議論しています。今後、そこにおける議論や私達がしていることをこのブログでご紹介していきたいと思っています。

a0118250_13324539.jpg
 よく行くカナダ・ノバスコシア州ハリファックス空港のナショナル・ジオグラフィック(National Geographic)・コーナーにあったチータの大きな写真を撮影したもの。群れずに孤高に生きるチータから私達は多くを学ばなければなりませんね。

a0118250_1355545.jpg チータの赤ちゃん。ウィーンに行く途中のオーストリア航空のB777で見た「DUMA」という題名の映画に出てきます。DUMAはスワヒリ語でチータのこと。大学のゼミではDUMAを学生に見せ、リポートを書かせています。
 物語では母親からはぐれた赤ちゃんチータが南アフリカで少年と一緒に生き、やがて野生に戻る。結構一人前の男の子の顔をしている!
 

a0118250_14425327.jpg  自宅で現在飼っているマリちゃん。ノラ出身。この写真は相当前のもので、今は19歳。人間で言えば90際以上とか。私の母は今年94歳、年を張り合っている(笑い)







a0118250_1453491.jpg 池田こみちさんが19年飼っていたチョリちゃん。ノラ出身ながら、何ともノーブル! 下はチョリちゃんと同時期池田さんが飼っていたウリちゃん。18歳でなくなりました

a0118250_15363692.jpg 











  日本では動物愛護管理法という法律がありますが、その実態はと言えば、犬、猫の多くは自治体の職員によって「集められて、殺される」だけ、法律名称の動物愛護管理法は、名ばかりの状態になっていると言えます。

 もちろん、無責任の飼い主やブランド犬や猫を単なる営利目的で売るブリーダーにも間違いなく大きな問題があります。

 しかし、巨額の税金、公金を投入し、毎日、犬や猫を集めて強制収容し、貰い手もろくに探さずに、殺している日本のインチキな動物愛護行政をしっかりと監視しなければならいと考えます。

 私と同僚の池田こみちさん(環境総合研究所副所長)が長野県の環境審議会の委員だった頃、毎年数百頭ものクマやシカが捕獲され殺されていることに、大きな怒りを感じていました。増えたからと言って捕獲し、殺すだけの自然保護行政なんぞいらないと!

 このブログでは、私や仲間が犬・猫や熊始め動物について日々行っていること、議論していること、政策提言していること、刑事告発していることなどをブログ(論考)の形で公にすることにより、日々、行政や業者、それに無責任な人間の犠牲になっている動物を救済することにあります。
[PR]
by teiichiaoyama | 2009-02-03 13:36 | 動物愛護
<< 犬猫の殺処分の実態 <...



犬・猫など動物の虐待を監視し愛護するためのブログです!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧